2015年05月22日

RYUHEI THE MAN & DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalist "THE MAN TO MAN " RELEASE.

THE MAN TO MAN jkt.jpg


ども。新作リリースします。

只今アルバムリリースに向けて鋭意ミックス/マスタリング中ではありますが、2015は少しだけタイトにミックスの方もリリースしマス.

今回はなんとも光栄なコラボ作。グルーヴマスターRYUHEI THE MAN先輩とのMIX、"THE MAN TO MAN"です。


せっかくなので少しだけエピソード的な小話をします。

2011年にGimme Some Lovin @ 札幌PLASTIC THEATERで一緒にゲストインさせて頂いて以来、2012は自分のイベントDOONUTS!!、2013および2014はTAKEZOさんのご厚意によりGHETTO FUNKでご一緒させて頂きまして、ここ北海道を舞台に最早年に1度の恒例行事となった「共通項を探す旅」。

毎回FUNKYかつパーティーなDJ PLAYでフロアをロックするRYUHEIさんのその姿・音に自分は魅了されてきた訳ですが、自分が最も度肝抜かれたのはDOONUTS!!4周年で見たRYUHEIさんの「選曲眼」。

DJは曲と曲を繋ぐ際、必ずその2曲の間に「共通項」を見出す訳ですが、その日RYUHEIさんは「REBIRTH / EVIL VIBRATIONS」と「DJ SHADOW / Organ Donor」の2曲に共通項を見出しました。
比較的有名な曲なので、この2曲両方をわかる方、結構いると思います。


でもこの2曲、繋ごうと思います?

自分は全く思い浮かびません。

なので、気になり過ぎて翌日移動中の車内で聞きました。
「なんであの2曲繋ごうと思ったんですか?」

リュウヘイさんはあっさりこう答えます。
「だって両方とも西海岸でしょ?」

そこか!ガビン!



それ以来、自分はリュウヘイさんの見出す「共通項」、リュウヘイさんのフィルタが気になって仕方なくなりました。

ちなみに先にお話したエピソードの際、リュウヘイさんにはHIP HOPセットをオーダーしており、現場は大盛況、フロアはピークタイムです。
言ってしまえばパーティーの鉄板とも言えるこの2曲ですが、あまりの意外性/脈略にフロアは驚くほどに熱を増し、一層のパーティーを造り出しました。

鉄板というのは時としてハイリスクハイリターンです。それをどのタイミングで、どういう出し方をするかという点は、相当なセンスと経験が問われる事位は自分だって知っています。

それを瞬時に、適確なタイミングで、アドリブでやったと話してくれたRYUHEIさんに、自分はただただ呆然としました。



とまぁ話は長くなりましたが、それ以来RYUHEIさんには、大変光栄にも「共通項」をキーワードに仲良くして頂きまして、時に現場で、時に電話で、様々な形で正にマン・ツー・マンで意見交換をし、今作をリリースさせて頂くこととなりました。


そして、勿論今回も『HIP HOP』をテーマに、お互いの大好きなレコードを使って沢山の理由(ワケ)を詰め込んでいます。

なので、有り難くも今作を聴いて頂ける方々には、曲と曲の間に潜む共通項は何か?グルーヴ?コード?楽器?はたまたロジック?西海岸…??そんな2人のクセ、選曲眼の違い/共通部分なんかも楽しんでもらえたら幸いです。

また、今作のデザインを手掛けて頂いたLoma Design マイさん、そして、マスタリングを手掛けてくれたスエさん(READER AND SUE / ill dance music)も本当にありがとうございます。感謝。


とにもかくにもTHE MAN & Journeymanが送る"THE MAN TO MAN"。
6月12日リリースです。

皆様何卒宜しくお願い致します〜。



下記詳細

↓↓↓


---------【THE MAN TO MAN】--------------------

"アジアのGroove Master"RYUHEI THE MANと、"北のMr.Journeyman"DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalistがマン・ツー・マン。 HIP HOP発ファンキー&ジャジー&ソウルフルに進む音の旅。

2011年札幌での共演をきっかけに意気投合。DJ PLAYにおけるグル―ヴの産み出し方、選曲方法、スタンスetc、何度も意見を交わし合い、幾多の共通項で固く結びついた2人が放つ今作のテーマはズバリ《HIP HOP》。

ファンキーなウェスト・コースト・アンダーグラウンド・ヒップ・ホップ(及び関連)からなる前半、中盤には西海岸〜東海岸のヒップ・ホップ心溢れる歌物をはさみ、ソウルフルなイースト・コースト・アンダーグラウンド・ヒップ・ホップへと疾走。グルーヴ感溢れるカット・イン〜ロング・ミックスを駆使したMIXを披露した"ザ・マン節全開"なRYUHEI THE MANサイド。

一転して浮遊感とJAZZテイストが印象的なDJ HISAYAサイドは、硬質かつどこか温かい、ummah soundをはじめとした "ヌキ"と"間"を活かしたビートでスタート。中盤はHIP HOPビートをキープしつつ、徐々にクールかつソウルフルなインスト・歌物へと展開し、最後は自身のコンセプトかつキャッチフレーズでもある"HIP HOP to ALL OVER THE MUSIC"なスタイルでグルーヴィーに本作全体をまとめ上げる。

一聴しただけでは真逆のように感じるアプローチ。噛めば噛むほど、聴けば聴くほど見えてくる2人の選曲の陰に隠れた無数の共通項。
正にマン・ツー・マンで真正面から向き合った、The Man & JourneymanによるHIP HOPが存分に詰め込まれた内容となっています。


THE MAN TO MAN jkt.jpg

【ARTIST】 RYUHEI THE MAN & DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalist
【TITLE】 THE MAN TO MAN
【LABEL】 SHIFT RECORD
【品番】 SHMIX-007
【PRICE】 1,620円(税込)
【リリース日】 2015年6月12日





posted by DJ HISAYA at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | WORKS. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

【MV】"DNTGMZ"/ DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalist & Sicabune & STAR FAZE KID

12/6のDOONUTS!!GOMEZ @ LacquerSoulD、せっかくのフュージョンなので1曲造ってみマシタ. 聴いてみてね。



"DNTGMZ"
DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalist & Sicabune & STAR FAZE KID


Vocal & Key:Sicabune
Rap:STAR FAZE KID
Beats:DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalist
Mastered by DAISUKE SUENAGA



で、今年ラストのDOONUTS!!GOMEZにも遊びに来てね。

dntgmz.jpg

DOONUTS!!GOMEZ

2014.12.6(sat) @ Lacquer Soul D
札幌市中央区大通西22丁目3-8
OPEN 22:00 Entrance 1,000YEN

GUEST LIVE
mahya(jazzy sport/third eye winks!)

LIVE
Sicabune

DOONUTS!! DJ's_HISAYA / KENJI / SAORIX / STAR FAZE KID
GOMEZ DJ's_TAKMAX /TAKERU



まーちゃんも来るし完璧にクールで神秘的であったかい一夜になりますね。

↑の曲もLIVE…するのかな?多分。

皆様何卒宜しくお願いします。


ではでは。

posted by DJ HISAYA at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | WORKS. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

Rammer's Lounge.

RL_jkt_omote.jpg

RL_banmen..jpg

RL_kingkong..jpg

RL_highposition.jpg

RL_drip.jpg

RL_luieda.jpg

RL_juice.jpg

RL_tset.jpg

RL_t_front.jpg

RL_t_back.jpg



やっとリリース用務が落ち着いてきました。
無事各地に飛び立っていったようで嬉しい限りです。

沢山の人達に聴いてもらえたら嬉しいデス.

Tシャツの方も完成、なかなか好評のようで、Natural Bicycleデザイナーのアケちゃんが「増産したいのに工場お盆休みだ!」と嘆いていました。気合いでイニシャル多めに造れよって話もありますが、ここは嬉しい悲鳴としておきましょう 笑。


とにもかくにも引き続き、皆様何卒宜しくお願い致します。
バックオーダーは勿論、個人的なご相談も遠慮なく。

という訳で一旦落ち着いてきたので、ここからは旅立った作品達を遠くから応援しつつ、DOONUTS!!周年用務の方にシフトチェンジしていきマス…。

今年も強烈デスヨ。

ではでは。



posted by DJ HISAYA at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | WORKS. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月22日

Natural Bicycle × SHIFT RECORD "Rammer's Lounge"


ども。新作リリースです。

今回、北海道発ストリートアウトドアブランド、Natural Bicycleとの共同企画としてTシャツとMIXが同時リリースとなります。自分はMIXの方を造らせて頂きました。

以下詳細。


RL_jkt_omote.jpg

Natural Bicycle × SHIFT RECORD
"Rammer's Lounge"

北海道発ストリートアウトドアブランドNaturalbicycleと北の掘り師DJ HISAYA a.k.a Diggin’ Journalistとの共同企画”Rammer’s Lounge”がスタート。


--------------------------------------------

北海道発ストリートアウトドアブランドNaturalbicycleが、音楽との融合のために掲げたテーマ「WINDMILL of MUSIC」。
音符がプロペラになり、音楽の風が吹くという意味を込めたこのデザインを具現化すべく、北の掘り師DJ HISAYA a.k.a Diggin’ Journalistとのコラボ企画”Rammer’s Lounge”がスタート。

北海道で愛されるDJが北海道で愛される動物羊に扮し、様々な音世界でディグった音源の中から“青い音”を抽出。
HIP HOP/R&B/JAZZ…歌モノからインストまで全ての音好きへ向けて送る本作。その内容はメロウでjazzyで神秘的。真夜中〜夜明けのチルタイムに、夕暮れ時ののんびりした時間に心地良い音の風が吹き抜けます。

Naturalbicycleの人気作 ”北海道版ブレーメンの音楽隊”に、新たに羊が加入したロゴも秀逸な”Rammer’s Lounge ”TシャツとMIX CDの同時リリースです!

--------------------------------------------

【ARTIST】DJ HISAYA a.k.a Diggin' Journalist
【TITLE】Rammer’s Lounge
【LABEL】Natural Bicycle × SHIFT RECORD
【CAT NO】NBRL-001
【FORMAT】MIXCD
【収録曲】全19曲
【Price】1,500円(税抜)
【Tshirt & MIX Set Price】4,700円(税抜)
【RELEASE】2014年7月下旬

【TRACK LIST】
01. T*meless
02. N* Love
03. Y*llow Tail
04. S*lent Treatment
05. S*nset
06. S*ilin Billy Suite
07. L*y Dawn
08. T*ice
09. C*inaski's Theme
10. L*quid
11. R*lax Yourself
12. S*lar waves
13. O*tside Perspective
14. L*te Night Tip
15. U*stair Living
16. D* Sable Sur Les Paupieres
17. S*ldier
18. E*isode [
19. S*meday


【試聴用サンプル】
Rammer's Lounge Listening sample



RL_info_for_web.jpg




今作はMIXとTシャツの同時リリース。勿論MIX CDだけでも買えるんですが、Tシャツの方はMIXとセット価格となっておりまして、通常のTシャツと同価格でMIXが付いて来るお得な内容となっております。Tシャツのデザインは↑のinfo画像を拡大してみてね。
Natural Bicycleのクラシックであるブレーメンの音楽隊にレコード食わえた羊が仲間入りって言うデザインです。


Natural Bicycleの詳細は下記WEB SITEにて。NEWS PAGEにて今回の企画の詳細もアップされてマス.

【Natural Bicycle WEB SITE】
http://www.naturalbicycle.com/


商品のご予約/お問い合わせは下記まで。

【全国のNaturalbicycle取扱店】
http://www.naturalbicycle.com/shoplist/

【ご予約】
order@naturalbicycle.com



お知り合いの方は自分の方にご連絡頂いてもご対応させて頂きます。

というわけでTシャツ、MIX CD共々何卒宜しくお願いします。



ではでは。




posted by DJ HISAYA at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | WORKS. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

ILLUMINA RADIO #11 & "MUSICAL".

illumina_hisaya.jpg

http://illumina888.fm/radio/



アルバム"MUSICAL"も絶好調、REBEL MUSICALことDJ KEIがお送りするインターネットラジオ、illumina888.fm.

毎回KEIくんの斬新かつオリジナルティ溢れるチョイスとブッキングにより、札幌/北海道を拠点とする多種多様なDJ/BEAT MAKERのMIXが配信されている訳ですが。

この度、光栄にもKEIくんからお誘い頂きまして、最新MIX #11を作成させて頂きました。

今回は#11のワタクシDJ HISAYA MIXと、#12 DJ OGASHAKA氏 MIXが同時配信開始デス.

自分のMIXの方は、大好きな"黒くて奇麗なJAZZ"を中心に造ってみました。

HIP HOPの耳で聴くJAZZ. ロウでスモーキーなの多めデス.

という訳で、お時間ある時にでも聴いてみて下さい〜。




そして、知らない方のためにREBEL MUSICALの紹介も改めて。


img3a9bcdaazik3zj.jpeg

REBEL MUSICAL
札幌を拠点に活動するDJ / プロデューサー。HIPHOPを基本としながらも好奇心旺盛ゆえ、ジャンルや時代、国境を超えてダビーにビートをコラージュするスタイル。自身のDJ / 楽曲制作の他にMic Jack ProductionのDJ KENとの「KEI-KEN」、ギタリストAOTAとのバンド「Bananas」、女性シンガーとの「FULL VIOLET」や、コンテンポラリーダンサーとの「瞬Project」に参加するなど、対極をも混ぜ合わせる、唯一無二のトリッキーなスタイルを武器に幅広いフィールドで活動している。今までに10数枚のMIX CDのリリース、B.I.G. JOE / INI とのストリートアルバム「PASS THE BACKWOODS」、Mic Jack Production "TRAIN TRAIN TRAIN"(アルバム "M.I.C")のプロデュース、Cosmopolyphonic RadioへのMIX提供、「LA Loves Japan」への楽曲提供など、リミックスワークやコンピレーションへの参加も多く、2012年には「888.fm」を立ち上げ北海道のDJのアーカイブも行っている。最近ではB.I.G. JOEの4thアルバム「HEARTBEAT」のタイトルトラックのプロデュースや自身の7インチのリリース、タイのHIPHOPクルーDUJADAのプロデュース、旅先で集めた音と写真で作るコラージュ集など多数のコンセプトアルバムのリリースが予定されている。




で、下記が今年4月にリリースされたばかりの話題作、フルアルバム"MUSICAL"デス.

↓↓↓↓↓

2d152151dd0ca5c857db11c39bffed3a.jpg

REBEL MUSICAL名義でのフルアルバム『MUSICAL』が完成!

精神性の高い、尖りまくったレベルミュージックのオンパレード。ソウル / ジャズ / レゲエ / D'N'B / テクノ / 民族音楽等...。あらゆるジャンルからエクスプロイトした幅広く斬新なビートを、あくまでもHIP HOPに落としこんだ圧巻の全22曲!!「ドープだけどハッピーなレベルミュージカルのオリジナルサウンドトラックさ!」と本人が言うように、様々な表情をもった、まさに「MUSICAL」と呼ぶにふさわしい完全オリジナルなインストアルバムがここに誕生!

タイトル:MUSICAL
アーティスト:REBEL MUSICAL
レーベル:ILL DANCE MUSIC
フォーマット:CD
品番:IDMCD-033
発売日:2014年4月2日



試聴はREBEL MUSICAL WEB SITEにてできマス.
↓↓↓↓↓↓
http://www.rebelmusical.com/


MVも。
↓↓↓↓↓↓





相変わらずハイクオリティ過ぎマス…。

ちなみに自分が1番最初にDJとビートメイクを教えてもらった人でもありマス.
KEIくん家で、初めてターンテーブルとMPCさわりました。余談ですが。

今後はリリースパーティーも控えているみたいだし、アルバムの反響も全国各地で飛び交っているみたいなので、忙しくなりそうですねー。

改めてリリースオメデトウゴザイマス!

という訳で、まだ聴いてない方は試聴だけでも是非是非。


ではでは〜。





posted by DJ HISAYA at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | WORKS. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする